top of page

ティータイム

こんにちは、ウラシマ・リーです。


今週は私の大好きな「ティータイム」について書きます。


毎朝のルーティーンとティータイムは切っても切れない関係なので、朝の流れを書いてみます。



目が覚めて、布団の中でスマホをチェックします。


布団への未練を断ち切ってリビングに向かいます。


朝食のマフィンをオーブンに入れ、ケトルにお湯を沸かします。


ウインナーとハンバーグ、たまごを炒めてお弁当に詰めます。


娘の着替えを出して、自分でできるように促しながら手伝って着させます。


温まったマフィンをお皿に取り出します。


このあたりでケトルのお湯が沸くので、コーヒーを淹れます。


フルーツの入ったタッパーをテーブルの中央に置き、朝ごはんを食べます。


娘の保育園バッグにお弁当と水筒、着替え、上着があるか確認して夫に渡します。


ドアを開けて、娘と夫を「気をつけてね」と見送ります。



やっと自分の時間が訪れます。




私は毎朝を新しい脳みそで始めるような感覚で迎えます。(なので布団の中のスマホチェックは「あぁ、せっかくのまっさらな脳みそが・・」なんて思ったりもする。)


週の始まりはさらに新しい予感がしますし、元旦なんて生まれ変わるような気さえします。




そんな朝にゆっくり一人で淹れて飲むお茶の時間が、私はとても好きです。


この時間にネイルをしたり、好きな雑誌を読んだり、心の栄養を補います。




好きなようにグータラ過ごすのも好きですが、そうするとこの時間の充足感が減ります。


なのでこの時間を充実して過ごせるかどうかは、私が日々を丁寧に過ごせているかのリトマス紙なのです。




今日も良いティータイムでした。


今週も頑張りましょうね。




ウラシマ・リー





Comments


Latest Posts
bottom of page